病気・介護と医療費・介護費更新履歴

ブログを引越しするよ (06/17)

エボラ出血熱を疑われる人が日本でも (10/28)

エボラ出血熱の自然治癒の後遺症 (10/23)

介護療養病床(介護型)は廃止されるのか? (09/26)

エボラ出血熱で退院したケント・ブラントリー医師が快方に向かった理由は未承認薬?それともエボラ患者の血液輸血? (09/22)

エボラ出血熱の被害が拡大中 (08/08)

サラリーマンなら障害厚生年金で働けなくなってもちょっと安心できる (08/02)

意外にいいサランラップコルセット (06/16)

サラセミア・携帯キャリアがボランティア「スマホを救うためには充電を分け与え、命を救うためには血を分け与えてください」 (06/12)

無資格介護員よ、ヘルパー2級介護職員初任者研修はとりなさいって! (06/11)

入院助産制度・出産費用がない!こんなときには入院助産制度を利用しよう (06/10)

元気な認知症にはお守りを、迷子になったら昔すんでいたところを探せ (06/07)

出産育児でもらえる給付(お金) (06/02)

介護福祉士をとろう (05/23)

安息香酸ナトリウムカフェイン(アンナカ)と安息香ナトリウム (05/21)

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)の資格収得条件・費用・期間 (05/19)

介護や看護の仕事を続けるには割り切ることが大事 (05/16)

介護の資格 (05/15)

労災申請できるか否かは何で決まる? (05/14)

ぎっくり腰になったら・寝方、いすへの座り方 (05/13)

ぎっくり腰に良いコルセットの条件は? (05/06)

ぎっくり腰になったら、風呂とマッサージは厳禁です (05/06)

褥創発生率1.5%と診療報酬の加算 (04/26)

褥瘡と病院の収入(診療報酬)平成26年 (04/24)

要介護度と支給限度額 (04/13)

STAP細胞?ミューズ細胞?ミューズ細胞ってなに? (04/13)

空間除菌製品にご注意 (04/04)

診断書・証明書・有料無料?保険対象? (04/01)

健康のために飲んでいるサプリメントは健康に悪い・セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)のケース (03/26)

胃がんの治療・胃摘出するとどんな副作用がある? (03/21)

チームバチスタ・螺鈿迷宮で出てきたキセノンガスってどんなもの? (03/19)

麻疹(はしか)が流行するかも (03/18)

インフルエンザとインフルエンザ脳炎(脳症)と解熱剤 (03/14)

フィジーでデング熱流行中 (03/13)

万能細胞STAP細胞がおかしなことになっている (03/11)

洗眼液は花粉症にはNG (03/07)

医薬品・医薬部外品どこがどう違う? (03/03)

セカンドオピニオン外来・「近藤誠がん研究所」のご案内 (02/27)

介護保険の施設入居費用の医療費控除 (02/12)

人間ドッグの費用も医療費控除の対象となる (02/06)

眼鏡の購入代金が確定申告の医療費控除の対象となる条件 (01/31)

ピロリ菌の呼気検査 (01/29)

ノロウィルスに特効薬なし! (01/21)

眼精疲労・首凝り・肩こりに蒸しタオルの温シップ (01/09)

薬漬けの実態は (01/02)

父子関係と遺伝子検査 (12/27)

ピロリ菌除菌のために内視鏡検査をしたのだ (12/09)

ピロリ菌と胃の病気・胃がん (12/06)

カロリーゼロ、実はカロリーがあるんです (11/29)

HIVエイズウィルスの検査する場所・方法 (11/27)

総記事数:

ペニシリン・「20世紀における偉大な発見」


 今日は、休みなので、TVを見てる。

 仁ね。

 実は初回を見てないのだ。

 ただいま、ちょうど梅毒の治療に、ペニシリンを作ってるところ。

ペニシリンとは?

 ペニシリンは特定のカビが生み出す抗生物質の一種である。

 抗生物質は微生物であるバクテリアを撃退する。

 その中には、人体に悪影響を与え人間の生活に大きな不利をもたらす、ペストや梅毒、そしてハンセン病といった細菌も含まれている。

 ペニシリンの原種が初めて使用されたのは、カビの生えたパンを傷口の化膿止めとして利用していた、中世であると考えられている。

 この科学的発見は、1928年にアレキサンダー・フレミングによってなされ、その約2年後には、病理学者のセシル・ジョージ・パインによって、初めて公式な医学的用途に使用された。

 ペニシリンの使用の増加に伴って、ペニシリンに耐性を持つバクテリアが出現し始めると、その耐性菌を排除するために、幅広い種類の抗生物質が発明されるようになった。

 ペニシリンとそれに続く抗生物質は、細菌が持つ致死の脅威と医師による終わりのない戦いの中で、今もなお重要な武器として活躍し続けている。

 

 ほう、パンのカビを感染予防に貼り付けていたのかい。

 そりゃ知らんかった。

 ペニシリンは、副作用もある。

 けど、いまだにこれしか効かない病気もあるんだよねえ。

 

 ちなみに、日本にペニシリンが入ってきたのは戦争中。

 といっても、ほとんど普及しなかった。

 戦後、ようやく民間にも使われることになった次第。

 

 しかし、さすがに、TV仁では、梅毒末期の遊女の顔はきれいなもの。

 ホントだったら、もっとすごいことになってる。


関連記事

web拍手 by FC2 FC2 Blog Ranking

サイト内の同じタグを含む記事へのリンク: ペニシリン 

 

FC2ブログ内の同一タグ を含むブログへのリンク: ペニシリン

テーマ : 医療
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

病気・介護と医療費・介護費検索フォーム
このサイト内の検索は↓

外部サイトの検索は↓
病気・介護と医療費・介護費全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

sqo+

Author:sqo+

 看護婦暦ん十年、元ケアマネ。訪問看護もやりました、ヘルパーステーションも仕切ったさ。看護婦なんかやめたいと思いつついまだにやめられない管理人です。

カテゴリ|病気・介護と医療費・介護費
RSSリンクの表示
QRコード
QR
病気・介護と医療費・介護費のアクセスの多い記事
最新コメント
最新トラックバック
病気・介護と医療費・介護費月別アーカイブ
リンク